ある程度のお金は必要だけどあまりそれに執着すぎるのも不幸せ

こんにちは MiSERY です

エージェント

私はブラック企業に入ったり、特別支援学級出身のために、履歴書にはそれを隠して、工事現場で働いたり警備員の仕事をしたりしました。 今は街を歩くと工事現場でも女性が増えて、私が働いていた頃よりは工事現場の仕事はやりやすくなっている可能性はあるでしょう。




しかし私は最近になって気づいたのですが、転職エージェントや転職サイトを利用すれば、もっと自分に合った仕事を見つけられる可能性はあります。 このブログをお読みになった皆様方は、私のような 特別支援学級出身者ではないとは思いますが、どうか私と同じような失敗をしないために、転職サイトを利用していい就職口を見つけてください。    

家が狭くてもいい人

今かの有名な
ワシントンホテルの前を、自転車で通りかかりました,

その時にふと PHA さんの
ボロ家耐性について

🐹

思い出しました。

PHA さんという方は
元日本一のニートです。
その方が京都大学の、寮に住んでいた時に!!確か人というのはこれくらい部屋が狭くても

🏫

生きていけるんだということを

🎶

実感なさったそうです。

phaさんの簡単なまとめ

PHAさんは約6年ほど、普通に会社で働いておりました,

その後はシェアハウス

🏠
🏡

でニート生活をしております,

その時も相当狭い部屋です。
ですがPHAさんは、幸せだったんです。

シティーホテルとビジネスホテル

私はシティホテルや

🏰
🏙


高級ホテルに泊まったこともございません。

安くて個室のホテルであれば良いのです。

うんと高いものを食べたり

🍛
🍱

いい車に乗ったり

🚋
🚐

しないと幸せを感じられない方は。

よほどお金がないと幸せを感じられないから、逆にある意味不幸ではないかと感じた

🤔

この一瞬でした, 

収入が多すぎても幸せは大きくならない

ひろゆきさんの本を始め、経済学の本を読むと

📙
📘

人というのは収入が550万円以上までは

👛

収入が上がるにつれて、幸せを感じるそうです。

ですがそれ以上収入が上がったとしても、幸せはそれ以上感じないようになってます。

だからあまり貧乏すぎるのも

👛

困りものですが、あまり無理してお金を稼ぎすぎるのも、体力も知力もない、私には骨が折れますね。

”ブログランキング・にほんブログ村へ”にほんブログ村

山奥ニートさんと,山暮らしの高村友也さんと,野宿の愛好家のかとうちあきさんを肯定したり、憧れたりする理由

こんにちは、味噌汁に納豆を入れてる、Misery

です。

それは、幼稚園までは好きだったけど、小学生から嫌いになりました。

なぜかな、牛乳は、志村けんのコントで吐くシーンを見て、小学生の頃嫌いに、なったので、

きっと何かあったんでし

ょう。

エージェント

私はブラック企業に入ったり、特別支援学級出身のために、履歴書にはそれを隠して、工事現場で働いたり警備員の仕事をしたりしました。 今は街を歩くと工事現場でも女性が増えて、私が働いていた頃よりは工事現場の仕事はやりやすくなっている可能性はあるでしょう。



しかし私は最近になって気づいたのですが、転職エージェントや転職サイトを利用すれば、もっと自分に合った仕事を見つけられる可能性はあります。 このブログをお読みになった皆様方は、私のような 特別支援学級出身者ではないとは思いますが、どうか私と同じような失敗をしないために、転職サイトを利用していい就職口を見つけてください。  
 

高村友也さん経歴

高村友也さんは東京大学の哲学科を卒業なさった、1982年生まれで、。

ということは大学生だった時は2000年から2004年の3月頃までだったのでしょう。

この方はちょっと私のようなものでは理解できないような感性と感受性の持ち主の方です。

うまくこの方の言ったことを表現できないのですが生きるとは何かとか、そのような問題を確か小学生くらいの時か、よくよく考えたと言うか悩まされたと言うかそう言った感じです。

                         

東大在学中にやってきたこと

東大に在学していた時も、論文を書くより、生きるとは何かとか死ぬとは何かとか何て言うんだろうそういったことを考えていた感じです。

そして千葉県だったかな?20万~30万円する土地を購入して、そこに自作の小屋を建てて。

自作の小屋の一例です

そこに住むようになったということです。

ホームレス生活も経験

その前に東京の隅田川の河川敷や公園などでホームレス生活を行っていたそうです。

ホームレス生活の時は、ホームレスさんにも縄張りがあって、ダンボールハウスを高村さんが留守中の時に破壊されたり、などという陰湿な嫌がらせもあったといいます。

         

一時山小屋暮らし辞める

山の山菜だとか、米は確か自分で購入なさったと思います、後は少し畑をやったりだとか、です、2018年頃でしょうか?高村友也さんは、小屋暮らしを一旦止めたようです。

あまりにも人と会わない生活で、山の中で生活して孤独になりすぎて精神的におかしくなったということでしょうか。

今現在はご友人の家で生活をなさっているそうです。

そうしたらネットで、(多分2チャンネルや5チャンネルでだと思いますが、私は見たくありませんね打たれ弱いの、だから私は生まれ変わったら、打たれ強いキャリアウーマンになりたいと妄想してしまいます、 てへへ)

のんきなやつだとか、家が裕福だから道楽でやってるんだと、、そんなんばっか。

皆も小屋暮らししよう

極端な話みんなが高村友也さになればいいのに(それはそれで困ることは分かってて言ってまーす、じゃあお前がやれよって、言われそうですがだって家建てたりできないんだも~ん)

ここからが私の話なのですが、幼稚園か小学校から高村友也さんの言うような小さい小屋を建てられるようになればいいなと思います。

しーふぁうーまんさんのお話を伺うと、 家賃がべらぼうに高いので、私はまだ恵まれてるのです。

二人のアドレスです、https://sheephuman.hatenablog.com/ 

家を建てられるようになったら家賃で苦しまなくていいなと思うのが私の浅はかな考えでしょうか?

https://bran91482.hatenablog.com/   ハテブのアドレスです

 https://twitter.com/home?lang=ja   Twitterのアドレスです

にほんブログ村

山暮山奥ニートさんと,高村友也さんと,野宿の愛好家のかとうちあきさんを肯定したり憧れたりする理由

こんにちは、父が亡くなって役所に言ったら、緊急連絡先が必要という事で、なってくれる人がいなくて困ってる、Miseryです。

こちらの方は、私が読者登録させていただいているユーチューバーで以前は引きこもりだったそうですがロシア映画に救われたという方だそうです。

エージェント

私はブラック企業に入ったり、特別支援学級出身のために、履歴書にはそれを隠して、工事現場で働いたり警備員の仕事をしたりしました。 今は街を歩くと工事現場でも女性が増えて、私が働いていた頃よりは工事現場の仕事はやりやすくなっている可能性はあるでしょう。



しかし私は最近になって気づいたのですが、転職エージェントや転職サイトを利用すれば、もっと自分に合った仕事を見つけられる可能性はあります。 このブログをお読みになった皆様方は、私のような 特別支援学級出身者ではないとは思いますが、どうか私と同じような失敗をしないために、転職サイトを利用していい就職口を見つけてください。    

かとうちあきさん簡単にまとめ

私と違って明るい性格でユニークな方です。

私は本で人を知るのですが、かとうちあきさん、と高村友也さんも本で知りました。

かとうちあきさんは(だいたい私は本というものは図書館で借りているので今手元に本はございません、記憶が違ってたらごめんなさい。

かとうちあきさん

確かこの方は15歳頃に、野宿に目覚めて、初めは近所の公園で野宿をしてみたらものすごく楽しかったそうです。

中学、高校、大学と、かとうさんの野宿趣味を理解する方が周りには結構いたそうですが、

なかなか大人になると、理解する方も、減ったんだとか。

ですがそれでも少しずつ野宿仲間ができていったそうです。

公園や道の駅や、駅などで野宿をするそうですが、よくまあ変な人に絡まれなかったなぁと思います。

田中要次さんの旅番組と似てる

テレビ東京で田中要次さんがバスで旅をする番組がありますが、あれと少し似ていて、バスで乗り継いで泊まるところがなかったら野宿をするだとか、聞いているとこちらまで楽しくなります。

また普段も節約のために寝袋で寝るそうです。


介護を週2日

こうやって寝袋で寝ると暖房費が相当節約できるそうです。

貧乏人の私には助かりますなあ。

かとうさんは、週に、2~3回介護の仕事をなさってるそうです。(当時はね)

また かとうさんの本を読んで初めて知ったのですが、山で野糞をするときにそれが土の中に埋めた時に、完全に土になるま でに1年はかかるそうです。

私はせいぜい1~2週間で土に還るのかなと思ったら随分かかるんですね>


https://bran91482.hatenablog.com/  ハテブのアドレスです

https://twitter.com/home?lang=ja

にほんブログ村

山暮ら山奥ニートさんと,小屋暮らしの、高村友也さんと,野宿の愛好家のかとうちあきさんを肯定したり憧れたりする理由

こんにちは、子供の頃、勝手に母のマニキュアなどをいたずらして普段はめっちゃ優しいのに鬼のように怖いくらいに怒らせて、ビビったMisery

です。

エージェント

私はブラック企業に入ったり、特別支援学級出身のために、履歴書にはそれを隠して、工事現場で働いたり警備員の仕事をしたりしました。 今は街を歩くと工事現場でも女性が増えて、私が働いていた頃よりは工事現場の仕事はやりやすくなっている可能性はあるでしょう。


しかし私は最近になって気づいたのですが、転職エージェントや転職サイトを利用すれば、もっと自分に合った仕事を見つけられる可能性はあります。 このブログをお読みになった皆様方は、私のような 特別支援学級出身者ではないとは思いますが、どうか私と同じような失敗をしないために、転職サイトを利用していい就職口を見つけてください。  
 

松本人志が言う地球が誕生してからの事を考えよう

woddupuさんの記事で、

日本には無駄な伝統行事やら、仕事が多いやらと書いていたように私は解釈しております。

伝統行事ということに関して、まあどこの国でもそうなのですが、この地球上が誕生した時からその行事があるわけでないし、(松本人志が遺書という本で似たような趣旨のことを言ってました)

徴兵制ではなくインフラを国民がする

確かに無駄な仕事が多いです。

山奥さんを責めるんだったら、これからは AI か機械化されて、どんどん職業というものが奪われるわけです。

ですが私は思うのですが、電気ガス水道などは、 完全に機械化できないように思うので、それは町内会の回覧板のように、国民が手分けして管理していけば何とかなるのではないかという気がするのです。

例えば、7月は足立区の人はどこそこの水道を点検するだとか8月は新宿区の人がどこそこのガスを点検するだとかということをやってけば良いのではないでしょうか。

phaさんと山奥ニートをたたく人の心情

phaさんや、 山奥さんを誹謗中傷する人の気持ちに立てば。

きっとそういう人たちは、10時間以上の労働だったり、労働環境がきつかったり、ブラック企業で大変な思いをなさっているのではないでしょうか。

その点については今野晴貴さんが問題提起してくださっております。

弱者同士が争っても何もなりません。

子供の時からインフラしよう

電気ガス水道鉄道などの事を出来うる限り子供の家から学校などで教えていけば何とかなるような気がします。

また高村友也さんという小屋暮らしをしてる方のように自分で小屋を作れたら素敵なような気がするんですけどね~

にほんブログ村

https://twitter.com/home?lang=ja

https://bran91482.hatenablog.com/

山奥ニートさんと,山暮らしの高村友也さんと,野宿の愛好家のかとうちあきさんを肯定したり憧れたりする理由

こんにちは、Twitterで最近、生まれ変わりを信じてないのに、生まれ変わったら、年下と結婚して、浮気は許すけど、かかあ天下で、なんでもいいなりな人と結婚したいとかいってる、Miseriです。

https://bran91482.hatenablog.com/

このブログの、その1と2はハテナブログで書いてます上はアドレス、です。

1洗濯屋さん

江戸時代や、明治時代は、都会の方では洗濯やと言って(今のコインランドリーとは少し違うようで)都会の人達は洗濯を洗濯屋さんに、全部任せていたようです。

                                  

2電卓が、登場する前までは暗算の得意な人が大事にされた 。

また電卓が登場する前までは、銀行では暗算が得意な人が重宝(ちょうほう)されていました。

電卓が登場したらその人達の出番があまりなくなったようです。

これからも機械化はたくさんされていくでしょう。

お掃除ロボットだとか、道路工事やスーパーの警備員もロボット化されていくでしょう。

そうするとますます職業というものが減っていくのではないでしょうか?

そうやって考えるとたぶん昔というのは様々な、特性の人がいてその人に合った仕事というものは必ずというわけではないでしょうが、見つかる率が高かったのではないでしょうか。

3、あまちゃんのおじいちゃんを思い出した

7年くらい前に朝ドラで、あまちゃんというものがありましたね。

 

このドラマを欠かさず見ていたわけではないから分からないのですが、おじいちゃん役の、蟹江敬三さんは確か漁師役をやっていました。

まあ私は中学の同級生の父親が、漁師をやっていたり昔のテレビドラマで、借金が返せないとマグロ漁船という風に言われているくらいの知識しかございませんが、 半年間は家に帰ることができず、船で暮らすという過酷な労働のようです。

                                

孫であるあまちゃんを始め

ご家族と一緒に過ごすために、漁師の仕事を止めて、スーパーの売り子の仕事を始めました。

         

スーパーで物を売る、いらっしゃいませこれを買ってくださいというのも私はやったことがないので、実際にやってみればそれなりに大変なのでしょうが、半年間家に帰ることができず荒くれ者たちと一緒に仕事をする漁師と比べれば遥かに楽なような気がします。

                                  

それなのに、おじいちゃんは上司に文句を言われて苦労をしているようでした。

それはコミュニケーション能力を必要としたからのようです。

だから人というのは合う仕事合わない仕事など様々あるような気がしてならないのです。

4、山奥さんは昔に存在してたら

山奥ニートさんがもしも昔に存在していたら、ニートではなかったかもしれません。

山奥さんに対して批判的なことをおっしゃる方がいますが、 山奥さんに対してひがんだり羨んでいるばかりではどうしようもないと思います。

にほんブログ村

https://twitter.com/home?lang=ja