子供の頃から罪の意識ばかり植え付けられた

こんにちはスイッチが入ってしまうと Twitter を1時間近くやってしまう MISERY (ミザリー)です

転職エージェント

はブラック企業に入ったり、特別支援学級出身のために、


履歴書にはそれを隠して、工事現場で働いたり警備員の仕事をしたりしました。 今は街を歩くと工事現場でも女性が増えて





、私が働いていた頃よりは工事現場の仕事はやりやすくなっている可能性はあるでしょう。 しかし私は最近になって気づいたのですが、転職エージェントや転職サイトを利用すれば、もっと自分に合った仕事を見つけられる可能性はあります。 このブログをお読みになった皆様方は、私のような 特別支援学級出身者ではないとは思いますが、どうか私と同じような失敗をしないために、転職サイトを利用していい就職口を見つけてくださ
い。  

幼稚園に入る少し前から父に良いことをしても手伝いをしても怒鳴られ暴力を振るわれ。

小学時代は先生にバカにされ。 中学時代は知的障害の重い子が踏切の押しボタンを押そうとして私が、




辞めたほうがいいよと言ったら本当にその知的障害の重い子は、踏切の押しボタンを押して電車を止めてしまい先生にお前は何でもっと強く止めなかったんだと怒鳴られ。    
的障害の重い子が昔すぎてなんだか忘れたけれども




悪さをしようとした時に私が強く止めたら何でお前はそんな乱暴するんだと怒鳴られ、   調理実習やあるいは牛乳パックのハガキを粉砕するために使用するミキサーをクラスメイトの男子生徒が走って私のことを押して私が転んで、





ミキサーを壊したら私は全然悪くないのに私は先生にどなられ反省文を長く書かせられ。  







クラスメイトの子がある日




包丁を持ってきたらしく   ねえ MISERY さんクラスの誰それさんが包丁持ってきたよと言って私はびっくりして本当に包丁を持ってきたので言ったらいや持ってこないよというので安心しました。

そうしたら3週間くらい経って先生がいきなり私のことを、




呼びつけてきてお前は包丁を持ってきたやつと一緒に



先生のことを殺害しようとしただろうと、   言ってきて私は行っていませんと言ってるのに私は反省文を長く書かせられいつまでも怒られて新聞配達の夕刊配達に遅れてしまったこともありました。


 
た訓練校の時では他のクラスメートがおしゃべりをしても全然怒られないのに私がたまたま誰かとおしゃべりをしたら私ばかり怒られたりだとか。





あるいはその訓練校が紹介した製本会社がブラック企業で、、 私はすっかり疲れ果ててしまい会社を辞めてしまったらある日先生が、   電話をかけてきて、お前は先生に恥をかかせる気かと怒られ

Atusiさんに出会ったりして、訓練校というところは




ブラック企業のあっせん所だということを知りました。   普通なら先生はそんなブラック企業だったのか!!!  




すまなかったな紹介した学校にも責任があるけど俺の方から言っておくよとでも言うべきところをまるで私が悪いかのような言い草をされました。

 
その製本のブラック企業では 、朝8時から夜の10時まで働かせられてるのに   会長はお前に給料を出してやっているという態度であるかの如く、

給料もらう時はちゃんと頭を下げるべきだという風に   言われたり




週に1回、行われるミーティングのようなものではずっと





社長の顔を見て真剣に話を聞いているのにたまたま下を向いた時に





ほらちゃんと話したい聞きなさいとずっと会長に監視されて怒られてそれもとんでもないことだと思わせられました。

土木作業員をしていた時は

仕事というのは見て覚えるものであって教えてもらうものではないという風に言われたので昼休みを返上して、研究や勉強をしていると現場の

監督に馬鹿にされるような顔で見られたいにゃにゃ笑われました。




  その時も自分は何かとんでもない特殊学級出身だから馬鹿なことをしてしまったのかという風に思ってしまいました。




  こうやってみてくと私という人間は何をやっても悪いことをしている馬鹿なことをしているという気持ちにさせられてしまうのです。    

三つ子の魂百までもとはよく言ったもので

なかなかこの気持ちを払拭することはできません。

Atusiさんは、

よく言っておられましたが

若いやつの方が優秀だというふうにいつも言っておられます。

私は必ずしもそうは思いません

しかしそれを私なりに解釈すると幼い時に植え付けられた観念だとか 感性だとかというのはなかなか払拭することができません。

Atusiさんは、 私以上にブラック企業で苦しめられた方ですから、



きっと老害さんに色々苦しめられて、



会議かなんかで自分の意見を求められた時に、散々嫌味を言われて却下されてだったら最初から俺の意見を聞くなという風にもおっしゃっていたので。   それでそういうことを言ったんだと思います。

人は幼い時というのは大事です。



私も自分を変えようと思ってもなかなか変えることができません。



あつしさんの言う、若い人の方が優秀というのは幼い時や  



若い時に学んだことというのは身につきやすいけれども、


年をとってから学ぶことというのはなかなか身につきにくいということを言っているのでしょう。  


私は最近付い気づいたのです自分というのは罪の意識を植え付けられたり普通を探し求めていたのであるということ。    

https://bran91482.hatenablog.com/

にほんブログ村

https://twitter.com/home?lang=ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です