子供がいない私が反出生主義と子育て中のフォロワーがいる理由

こんにちは(Misery)ミザリーです

私はブラック企業に入ったり、特別支援学級出身のために、履歴書にはそれを隠して、


工事現場で働いたり警備員の仕事をしたりしました。    


  今は街を歩くと工事現場でも女性が増えて、私が働いていた頃よりは工事現場の仕事はやりやすくなっている可能性はあるでしょう。      



しかし私は最近になって気づいたのですが、


転職エージェントや転職サイトを利用すれば、もっと自分に合った仕事を見つけられる可能性はあります。 このブログをお読みになった皆様方は、私のような 特別支援学級出身者ではないとは思いますが、どうか私と同じような失敗をしないために、転職サイトを利用していい就職口を見つけてください。  

昨日でしたか?反出生主義者の方といろいろツイートをさせていただきました.

私も理解に乏しいのですが反出生主義者というのは,この世に生まれて嫌だった人のことでしょうか?

あるいは出生被害というのでしょうか?

それに対してチャイルドフリーというのは

子供はいらないということのようです

私がなぜ子持ちのフォロワーさんなどがいるのに、 反出生フォロワーもいるのか

それは一つにはリアルには友達が少ないということと 人に嫌われたくないということがあるのかもしれません。   また私は考えが偏るのは非常に嫌いなのです

エホバの母を持つ50代男性の話

確か婦人公論と言う週刊誌か何かで、50代男性が僕が子供の頃小3か小4の時に 母がエホバに入って、


人格がすっかり変わったというような話を聞きました。   それ以前はとても優しかったのに、人相が変わり顔が鬼のように強くなったり。



暴力的になったりということをおっしゃっていたように感じます。  


  また宗教の方、お葬式か何かで      



お坊さんが家に来た時もこの悪魔めみたいなことを言って追い返したこともあったそうです。  


エホバさんはどうか知りませんが カルト宗教というのは本を読むと洗脳というのが強いそうです 私自身はそんなものに引っかからないと思ったのですが 知り合いの方が

いやープロがやってるから絶対引っかかるよと言います。 だから1995年に起きた地下鉄サリン事件とかもオウムの信者は平気で実行したのでしょう。    

洗脳とまではいかないまでも

私は人間というのは同じような人と付き合うと考え方が偏るような気がして なりません   だから私はネット上のフォロワーさんなどは、



色んな考えの方がいらっしゃるのだと思います。         そうすると、なんだあいつは反出生主義者だと言っときながら子持ちの人と仲良くして と



思われたり、反対にパパママさんから何なのよあの人は





反出生の人と仲良くしてと思われたりということはあるのかもしれません。   だから私というのはフォロワーの入れ替わりが激しいのかも分かりません。    

八方美人なのでしょうね

しかし自分のことを正当化するようですがそれでいいのかもしれません。

なぜならこの世の中に100%正しいことは、 そうはないからだと思います。

例えば子供の泣き声について

子育てというのは本当に大変です 幼児というのは夜中に泣き叫んだり大小便を漏らしたり、いろんなものを口にしたりするからです。  



私の母も言っていましたが、私が赤ちゃんくらいの時に二階建てのアパートに住んでおりましたが、1階にうんちを漏らして下の人に苦情を言われて謝ったそうです。  



私のフォロワーさんに子供が苦手な方がいて、



子供がうるさいとご近所に苦情を言ったら、 そのお母さんか何かに子供がうるさいのは当然でしょそれくらい寛容に見なさいよという風に言われたそうです。

どちらが正しいということもない 確かに子供というのはうるさいし大変です だからといってその保護者である親が、 謝罪もせずに傲慢な振る舞いは決して良いことではありません。  

このように世の中というのは100%ということはないのです。

だから私は両方のフォロワーがいるのです。

https://twitter.com/home?lang=ja

https://bran91482.hatenablog.com/

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です