父が病的性格だとわかった、と池田清彦氏、まじめに生きると損をするを紹介

こんにちはMisery(みざりー)です。

ミザリーです

私はよく過去にあった嫌なことを思い出します。

それで段々分かってきたこともあるから便利な、機能でもあり、

Dioがおっしゃる、長所と短所は表裏一体です。

ディオブランドー

父が、なぜ、断ってるのに、シツコク、ラーメンなどを、進めてくるか。

http://joseph746519.starfree.jp/wp-admin/post.php?post=251&action=edit

上の記事は過去記事です。

1父の自己中は病的
2優しさには想像力が必要
3子供を相手にすることではない、
4共感性は悪く言えば共感しない人が許せないらしい、
5脳科学で人の性格解明したわけではないが、父は病的性格

1父の自己中は病的

それは、自分の事しか考えられないから。

しかし誰だって小さい時に、自己中なことをして、先生や親後さんに叱られたりして、気づいていくものなんだと世の中を見てるとそうやって物を覚えるのでしょう。

   

      

彼の場合は、(父の事)私が手伝い、モノをこぼす、恐怖で嫌な顔をする、父の面白いと思うTV、食べ物の感想を、共有したい。

それが通らないととっさにカッとなってしますのでしょう。

しばらくすると、父本人は自分が怒ったことすら覚えていないようですから。

これは、これから書いていく、ヤクザの人、土木をやってた時の、ば~さんもそうですから、

父独自の自分勝手さではないとおもいます。

2優しさには想像力が必要

アドレスですhttps://note.com/wanderer_k/n/nc6688bc6c603

この方が言うように、優しくなるには想像力が必要です。

それが全くない父です。

3子供を相手にすることではな

会社で、先輩が嫌がる後輩を引き連れて、飲み会に参加させる感覚と同じで、父は、自分のうまい物を、共感の強要をしたのでしょう。

         

これは、コントロール欲の強い人と言い換えてもいいです。

4共感性は、悪く言えば共感しない人が許せないらしい

この本で共感性は、素晴らしいが行き過ぎると、共感しない奴は気に入らないとなって攻撃したくなるそうです。

     

私も職場で悪口ばかり言う人がいて共感しないでいると攻撃を受けました。

父も、上手い、おもろいの共感を、私の強要したくて仕方なかったのです。

    

5脳科学で、人の性格がすべて解明したわけではないが、父は病的性格

       

病的な事なので、仕方ないと、私の人生はそういう星の、したにあると、

脳科学は、知り合いが専門分野ではありませんがわからない部分があるとしたうえで、

父を病的といって、ああそうだったのかと、納得しました。

植松聡のやったことは、人の命を奪ったことだから許せません。

しかし、父のように、(あるいは私が出会ったやくざや、ば~さん)人を傷つけておいて、避けようとするとさらに怒鳴るものは、最初からこの世に存在しなければ、あるいは私も

良かったとつくづく思います。

Eテレの、心の時代のテーマ曲です

https://bran91482.hatenablog.com/

 にほんブログ村 

https://twitter.com/home?lang=ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です