菅野直子市会議員事務所共産党の詮索好きな迷惑なかぶおじさん、その1、甲田光雄先生背骨の本を紹介。

こんにちは、ミザリーです。

私自身が知的障害ですがずいぶん、変な人にあってきました。

共産党は大体誰かの紹介で入党するらしいですが、私の場合は、自分から入党しました。

1,入党理由、

2、甲田先生の患者さんの紹介、

3入党  

4、しつこいせんさく

5、自分のことをわかってないかぶおじさん

6、気持ち悪い

1,入党理由、その当時インターネットを持っておらず、長年文通をしてた方がいらしたのですが、私の身勝手さが原因で、嫌われてしまい、孤独を感じ紛らわすため。

2,甲田先生の患者さんの紹介

、私は鈍重肝臓という現代医学ではわからない病気で、(これは慢性疲労症候群の初期症状です)

それを、甲田光雄先生(1924年~2008年


に大分前に診ていただき、甲田医院の患者さんが共産党員で、共産党機関紙、赤旗をたまに見て、入党しました。

3、入党

入党したら、党員の一人さOうさん(今度から、かぶに乗っているのでかぶおじさんと呼びます。)

が私が入党したことがよほどうれしかったのか、よく声をかけてきました。

それはいいのですが毎回お会いすると、プライベートの事を質問されるので、かぶおじさんが、そばにいるだけで、不安と、嫌な気持ちになりました。

4、しつこいせんさく

最初はいつもたわいないことから聞いてくるのですが、だんだんプライベートの込み入ったことを聞いてくるので、うんざりと恐怖を覚えました。

私は、幼い時からビビり症で人に嫌なことをされても嫌といえない性格ですがあまりにシツコク、詮索(せんさく)してくるので、今度2人きりになった時辞めてもらおうと思い、

断り文を書いて毎日それを声に出して練習しました。

2人きりになった時、かぶおじさんに、辞めてくださいという趣旨のことを頭を下げていいました。

5、自分のことをわかってないかぶおじさんそしたらかぶおじさんはびっくり。僕は何もというのです。 人はすべて自分のことを把握してるわけではないことを当時の私は知りませんでしたので、(そんなに前でもないです)  自分の事だろとイラっとしたのと、別に意地悪されてるわけではないので、これ以上どういえばいいかわかりません。

ですが、カブおじさんの方から、今度から挨拶位にするといって貰って、ほっとしました。

共産党は政党交付金を受け取っておらないので、党員のカンパで成り立ってるらしいので、それで私の事を根掘り葉掘り嗅ぎまわってるのかと、気持ち悪かったです。

それで、2,3日ハカブおじさんは、私の姿を見ると動揺してぎこちなさそうにして、気の小さい私は申し訳ない気持ちになりました。

ですが、4日立つと、ケロッとして又シツコクしてくるのです。

6、気持ち悪いしつこい

私の名前を何度も呼びつける。

一度また勇気を振り絞って、辞めてくださいといいさした。

この時は、もう一人70代おばさん(失礼)がいていいじゃないというのです

そしてかぶおじさんの表情は、自分は悪くないといった表情でした。

<a href=”https://blogmura.com/ranking/in?p_cid=11050786″ target=”_blank”><img src=”https://b.blogmura.com/88_31.gif” width=”88″ height=”31″ border=”0″ alt=”ブログランキング・にほんブログ村へ” />にほんブログ村</a>

これは私のハテブのアドレスです、こちらもよろしくお願いします

https://bran91482.hatenablog.com/

yes、1970年にイギリスで結成されたバンドです。 私の好きなジョジョの奇妙な冒険の作者、荒木飛呂彦先生がファンだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です