老害職場編、マスクを紹介

始めまして、Misery(ミザリー)です。 今回は、老害について語ります

昔は、高齢者は尊敬されてたらしいです。

ネットもなく、新聞、雑誌、TVなく、鉄道、車、などのない時代、地域に寄っては、

 そうなると生まれてから死ぬまで、そこの地域から離れることなく生涯を終わる人が多いのではないでしょうか。

分からないことは老人に聞くしかなかったのでは。?

すると下の世代が、例 畑で災害があった時、などおじいちゃんこんな時はどうしたらいいなどと教えを乞うたのではないか。

今は、年長者が尊敬されにくい理由

1、年下の方が、ネットの発達で知識がある。(ただし、何を検索したらよいかがわからないと、正しい情報は手に入らない。)

2、そのため、高齢者の脳が(詳しくは知らないけど、ないけど)ドーパミン(これは報酬系といわれて、幸福感を生み出し,快感を求めてしまう、  (ギャンブル依存症、私はTwitter依存

人に褒められることも入るという説もある。)

3、褒められることが少なくなり、ストレスになって暴走老人が多くなったのではないか。

(私の仮説)

4、長生きになったため、痴ほうの人が増えたから

5、自己抑制力が弱り、気にいらないことがあっても、(我慢すること)すぐに怒るから

老害土木時代その1

なぜ嫌がらせするようになったか

以前は年寄りはいつでも敬わなくてはならない存在と洗脳されてた。

年寄りでも文句言っていいと気付いたわけ。

老害土木時代その1

ゆんぼー写真

ユンボーという、建設車両が入れないとこは掘削(くっさくとは、穴を頬ること)

する時、冬場は硬くて、つるはし、

私が思いついて、効率の良い掘削(くっさく)の仕方を、実行すると昭和10年生kがさんざん、それではだめだと横やり

所がいつの間にか私のやり方を実行してるのです。

まるで自分が最初から思いついたかのような言い方を周りにするのです。

なぜ嫌がらせをするようになったか。

1、一緒にいると上司に怒られることばかりする、例、非効率的な事ばかりする。 それを私に強要する。

2、私が距離を取って必要事項以上喋らないようにする。

私が出会った田舎者は(田舎の方すみません)無視すると攻撃してくるのです。

以前は年寄りはいつでも敬わなくてはならない存在と、洗脳されてた。

そのためか、何をされても、何も言い返せなかった。

年寄りでも、文句言っていいと気付いたわけ。

1、Atusiさんと言う脱社畜ブログをのおかげ、https://blogcircle.jp/blog/16699

この方は職場の老害問題にも取り組んでます。

2、ブブカという週刊誌のおかげ、

ユニット特養ホーム写真

3、フォロワーさんににユニット特養ホームのスタッフがいて、おばあちゃんが暴れるなどの話を聞いて(痴ほうだから仕方ないですが)

これらの方々のおかげで、高齢者がたとえ人生の先輩だとしても、理不尽が合ったら怒らないと、付け上がると感じました。

老害土木時代その2

自分と考え違うのが気に入らない

常に私を監視してやることなすこと攻撃する。

自分のやり方を強要する。

自分と考えが違うのが気に入らない

作業服写真

舗装工事の安全靴です。 とても固いです。

私は昔から貧乏なため、作業服など、安全靴でも結構古いのをいつまでも使用するのです。

するとそろそろ新しいのに買い替えたらという

私は恥ずかしいので、自分が貧乏だからといわないで、別の理由を言って断ると、あら捜しが始まりました。

常に監視をしてやることなすこと攻撃する。

掘削の動画一例

掘削(くっさく)の時(くっさくとは穴を掘ること) 10せんち掘らなくてはならないとき、私ははかりながらほるのですが、kは図らず掘るのです。

自分のやり方を強要する

そして図らないで掘れとか、もっと深く掘れとか言ってくる。

上司が、なんだ掘りすぎではないか、なぜ図らなかったんだと私まで怒られる始末。

それに懲りずに又はからないでくっさく。

ここまで馬鹿だとは、呆れます。そのおかげで、知的障害でも、私はcomplexを感じなくて済んでますが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です